2018年12月06日

【譜例付き】バップフレーズの基礎練習に!〜オリジナルなバップ・エチュード作成のヒント! in札幌

ジャズの勉強をされている方なら、
スケールやコードパターンの練習を、よく行っていることと思います。

その一番の土台となっているのが、
4ビートのノリで歌う、8分音符の裏拍につけるアクセントなどの歌い方だと思います。

その練習用教材・・・エチュードのようなものを作ってみました。
なかなか、いいものはみつかりませんよね。

せっかく買った市販本の限定された、ほんの一部のサウンド世界に閉じ込められてしまうのも、つまらない。


「ジャズ理論はダメ!」などと偉そうなことをいい放ってしまったので、
「バークリー式」を超えるような、
すべての音楽ジャンルに通じる、「音楽の構成」の基礎を踏まえたものです。


一生ものです。
つねにニュートラルなスタンスを保つことが出来るでしょう!


バークリーに行く機会に恵まれなかった人でも安心してください(笑)
これさえあれば!鬼に金棒です!

「バークリー卒になんか負けねぇゾ!」
くらいの対抗心で、みんな頑張りましょう!

無論、4ビート限定ではありません。
J-popやクラシック、洋楽などにも十分に流用できるメロディ素材集のようなものです。

フラジオ音域の精度も、より一層高まるはずです。
むろん低音域〜中音域もです。



「音楽の構成」とは、
Tさん、Sさん、Dさんの3つです。
Tさんはトニック、Sさんはサブドミナント、Dさんはドミナントという名称がついているものです。

音楽上の物語の「起承転結」の中核をなすものです。

テナー吹きはリード奏者です。
すなわちメロディ・パート担当です。

その音楽の構成、ハーモニー構成の流れをテナー吹きでもつかめるように作成したものです。

理論を左脳で学んでも意味がありません。
脳内音感と運指が連動するシナプスが繋がらなければ二度手間の学習時間を必要とするハメになります。
二度手間ならまだいいほうです。

大変かもしれませんが、数をこなしたほうが勝ち!
のような気がします。
それも若くて頭が柔軟な時期に、将棋でいう「詰将棋」をたくさん解くような訓練の、
テナー吹き版として位置付けてもよさそうです。

これは、ほかのスケールパターンでも流用が可能です。

それは
「ケーデンス」をしっかりとふまえる!
ことが重要です。

この「ケーデンス」ですが、
テナー吹きは、Tさんに向かうU-Xだけで、やってはいけません。

その意味は、みなさんで考えてみて下さい。
発見してみてください。

フレーズの輪郭がつかめないようなパターンであっても、
「ケーデンス」とセットにすることで、ちゃんとしたメロディの物語が作れるのです。

その音楽習慣を日々積み重ねて、
自分の独自の演奏スタイルを構築していく!
というコンセプトです。


このパターン集は、
ギターリスト用の「超肉体派トレーニング」のようにも使えますし、
各小節ごとの気に入ったフレーズを自分なりにクローズアップして、
盗用(笑)して、自分のオリジナルサウンドの土台にすることも出来ることかと思います。

「8beat 4/4」と銘打っているものは、
「All table」の全パターンの一部の1小節を切り取って、半拍ずつずらしたものを列記したものですが、
Tさん、Sさん、Dさんの3つが上手く混じり合った形で、1小節内のフレーズを構成しています。

音楽上の物語の「起承転結」の様々な展開形を体得できる構成になっています。

この音の並びを8分音符だけでやるのではなく、
2分音符や4分音符なとをつかって符割りを変えて、
2小節、4小節などといった形で、大きくとらえてモチーフを作成すれば、
手軽にオリジナルメロディを作曲することも出来ます。

ある音を一音加えたりして、サウンド世界を拡げることもできます。


「美味しいフレーズ」をパクって繋ぎ合わせて・・・
そんな手法に限界を感じているベテランの方のとっても、何かしらのヒントを得るきっかけにもなるはずです。


まだ制作途中ですが、
順次アップしていく予定です。

テナー吹き用にすぐ練習できるよう「inBb」でmusescoreは作成しています。
カウントやメトロノームも同時に鳴らすことができるので、
わたしも、重宝しています。

だけでなく、たくさんのスケール・パターンも制作中です。

スケール・パターン集につきましては、
フルート奏者のトレバーワイの「音作り」の考え方に基づき、
低音域・中音域・高音域ごとの、1オクターブごとに「音作り」が行えるように作成しています。


バップでは、ドミソのような3和音の分散から、どの様にフレーズを発展させたのか?
その一例を、上げたいと思います。

オリジナルな、日々の練習用のエチュード作成のヒントとなるかもしれませんね。

ex013.png

※画像をクリックすると拡大します。


posted by happy_kin at 09:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: