2018年12月11日

現代テナーサックスの最高峰の一人!クリス・ポッター氏のフォロワー、三日天下(爆)の話! in札幌

めでたき、今月の新月の日に、ツィッターを見たところ、
あのクリス・ポッターさんがフォロワーになってくれたので、テンションが上がったのですが、
今朝みたらフォロワー数が減っていたので、
もしや・・・と思ってみたら・・・

ちょっぴり寂しい。。。
まだ、始まったばかりですから・・・。

たぶん、ウェイン・ショーターへのリツィートで、
「日本で有名な宗教団体の広告塔としての影響力は看過できない」・・・
との、わたしのツィートに反応したものと思われます。

だとしたら、
日本の精神文化の素晴らしさ・偉大さを知らないのだと思います。

いわゆる、
「聖書」に代表されるような、
古今東西のすべての宗教書・宗教組織からなる影響による呪縛が地球から消えてほしい!
が、わたしの願い・祈り・ポリシーであり、
テナーを吹き続ける最大の意味だと思っていますから・・・。

本当に、こうした思想的操作・マインドコントロールのような手合いの物は、
宇宙の彼方、はるか遠くに飛んでゆき、消えてもらいたいものです!
あらゆる紛争の火種でもありますから。

「すべてが良き方向へ向かうこと」を祈りつつ・・・!

「神」のような概念は、
世界広しといえども、日本の精神風土の中にこそ、最高のものがある!
と、わたしは思っています。


でも、その後
テナーサックスの大巨匠ソニー・ロリンズ大先生のツィートに、
大いなるエネルギーをいただきました。

拙訳すると、
・・・もしあなたが「私の家族を養うのに十分なお金を稼いだり、いい車を持っている」と思っているなら、
音楽は他の場所にあります。
そして、あなたが音楽を愛し、あなたが才能を持っているように感じたら、そこに行かなければなりません」

もうひとつが、
・・・「即興はすべてのことです:意識的思考を失うことです。
あなたは同時に考えて演奏することはできません。
...あなたは意識的な考えがない心の状態に自分自身を置かなければなりません。
そして、音楽が出てくるようにしましょう。

以前、NHKのインタビューでも、
「天から音楽が降りてくる・・・わたしは最初から、そういうタイプのミュージシャンです」というようなことを語っていましたよね。


あと、ご自身がリツィートされていた、この演奏・・

この音!
テナー1本で延々と吹きまくる、最高のフレージングの連続・・・♪

「うわぁ」と、誰もが憧れちゃう、圧倒的な存在感!


「何も考えないで吹く」というと、わかりにくいかもしれませんが、
あんな、パワフルな音で吹いていたら、普通に頭の中は、真っ白になるはずです。

「左脳は使わない」という記述も、当ブログの中で記事にしてきましたが、
同じ路線を行っている?のかもしれませんね。

音楽の構成といった考え方や、音の出し方についても、肉薄してきた!?つもりの内容を記事にしてきました。
コピーフレーズのパッチワーク的なアプローチ方法ではなく、オリジナルなサウンドを構築するためのエクササイズなども、
わたしなりに考えたものを作成中です。



以前、フォロワーになっていただいたことのある、大好きなベースシスト、
巨匠デイブ・ホランド氏が、「On A Clear Day」の詩をリツィートしておられまして、
その詩の独自解釈で、また大いなるエネルギーをいただきました。

一流ミュージシャンの認識は、独特の世界観があるような気がします。

わたしの場合、
北海道地震の前日に
「何か起こるよ!電気・水道が止まるよ」という声がした程度ですが・・・


一般的な訳では、「晴れた日」のような解釈が多いようですが、
わたし的には「リグ・ヴェーダ」の世界観が描かれているような気がします。

Starも、「星」ではなく、
「あなたの情熱は、有名人よりも輝いているよ」
という解釈が、向こうの人たちには一般的なのではないのか?と。

「情熱」という単語も、ヴェーダの中核をなす思想ともいえます。
・・・これが、一番大事!


冒頭の歌詞も
「日々、向上してください。そんなあなたを、きっと誰かが見ています。
そんな、ある日、あなたは周囲をも驚かすような存在になることでしょう。
他ならぬ自分自身がビックリするほどに・・・」

みたいな感じ!


ヴェーダといえば、仏教の母胎となったもののようです。




posted by happy_kin at 14:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: