2018年12月15日

【譜例付き】テナーサックス吹きにとってのコード一覧表とは? <3和音(トライアド)分散一覧表> in札幌

よく、曲集の巻末などに、ピアノやギター用のコード一覧表が載っていますよね。

テナーサックス吹きなどのリード奏者・ホーン奏者にとってのコード一覧は、
どのように考えたらいいのでしょうか?

そう思って作ってみました。



慣れないうちは五線紙などに書き写すなどの作業を数をこなせば、
後々、楽になるはずです。

わたしが作成したコード(3和音分散)一覧表です。
(musescoreは旧ヴァージョンで作成しているので2.0以降だとレイアウトが崩れてしまいます)


この
1-3-5の18通りの組み合わせなのですが、
やはり、テナー吹きの基礎練習としては日課として行うべきのようです。

市販のパターン集だと限られた配列パターンのみですが、
ここでは、全てを取り上げています。
(3和音=トライアド)


そして、メジャー・スケールや、
ハーモニックマイナー・スケール、メロディックマイナー・スケールなどの音の配列に準じた音で、
上がったり、下がったりします。

わたしは最低音のBbやBから、最高音のFやF#にまで網羅するようのが一番良いように考えています。

キーが「A」でも
最低音の「B」から始まるようにしています。
下るときは「F#」が含まれるようなアレンジをします。
ex010.PNG


キーが「A」で「Bの音」が含まれるコードは?
「Bm」と「G#dim」と「E」(いずれも3和音)です。
その分散の形のモチーフと同形で上がり下がりをします。
ex011.PNG




キーが「G」「Ab」「A」は、
サックスで歌える音域が、一番音域が狭い!?感じがしませんか?


また、上手い人のフレージングって、
同じ楽器の限られた音域の中で、無限の広がりを感じるような音使いに、感慨を持たれることってありませんか?

この話を、以前、ツィートしたら、日本語なのに海外から、たくさん「いいね」がきたことがありました。



「トニック(主和音)で終わってない?」
・・・それで、いいと思います。

そもそも、今の楽曲で、そんな律儀な終わり方をしている曲のほうが少ないと思います。
この手法ならメジャー・スケールとナチュラル・マイナーやメロディック・マイナーの下行系などに含まれる、
さまざまな名称のスケールの指使いのすべてが網羅されています。

今後、さまざまな名称のスケールを、頭でスケールを学習する以前に、
身体で、運指を覚えている!
という、美味しい寸法になるわけです。

この意味合いでのスケールは3通り!です。


スケールに準じたアプローチ方法の他に音程に準じた方法もあります。
この場合はメジャー・コードならすべてメジャー・コードで、
sus4なら、すべてsus4で行います。

移動する音程も半音(短2度 m2)や全音(長2度 M2)、
その他にも、
m3、M3、P4、a4(d5)、P5、m6、M6、m7、M7といった音程があります。
(Pは完全、dはdim、aはaug)

「超」がつく世界の最高峰クラスの人たちは、
「当たり前の基礎」としてマスターしているようにも感じられます。

その「土台」からなる・・・「音遊び」の世界の楽しさ^^


あと、もう一つ!
テナー吹きにとって、つねに念頭に置くべき、
とても大事なケーデンス(終止形)に関する考え方があるようです。

これは、今回の記事のテーマである「3和音(トライアド)分散」のパターンのみならず、
他のスケールパターンでも同様に、「テナー吹きが、つねに考えるべきケーデンス」の考え方を、ご紹介します。

「メロディ大辞典」の中にある、あるスケールパターンの中の1小節のモチーフをどのように、
終止(=ケーデンスする・・・すなわち、起承転結の「結」)するのかを、つねに考える!
ということです。


一つのキーの中で、ケーデンスが「1つ」と考えるのは、
童謡のような楽曲のみの話だということです。

端的に言えば「3つ」あります。
さらに・・・。

テナー吹きが考えるべき「音楽の構成」の中で詳しく述べていますので


そして、
テナー吹きは、
「目指せ!3オクターブ半!」が、このブログの主要コンセプトでもあります。

上記の譜例を、そのまま1オクターブ上げても日々行うのです。


「カッコよく吹く」秘訣は、
さまざまなリズム(自分の好きなビートでもいい)で、
「リズムにはまる」ように吹くことです。

クラシック系の人は、多分、メトロノームに合わせて8分音符を均等に譜面全体を通して正確に吹くような練習をするかもしれませんが、
無論、それも素晴らしい練習方法の一つですが、
1小節のフレーズを一つのモチーフと考え、リズム・ビートに合わせ、
符割りを変えるなどして展開し、曲を構成する勢いで、そのモチーフから発展させていく・・・
手法の方がジャズ・ポピュラー系向きの練習方法といえるでしょう。

いろいろなリズム・サポート・ソフトがあるようですが、
わたしは「ChordPlus」というフリーソフトを愛用しています。
正規版が欲しいところですが、購入方法がわからないのが残念です。

ロック系のコードって、3度の音を抜いているケースが多いので便利です。

マイルス・デイヴィスも
「3度と7度の音は弾くな!」と、ハービー・ハンコックにアドヴァイスしていたようですね。

カシオトーンのリズム伴奏機能もいいです。
ハードオフで1000円で売っていたりもします。
できれば、コード伴奏やベースなどの音を任意で切れる設計のものがオススメです。

わたしは、ベース音と仲良くなるのが、テナー吹きにとっては幸運につながるように思います。

あと、テナー吹きなら「Bb」設定ですよね。
「ド」を弾いて、「シb」の音が出る機能です。


一つのコードで延々、やって「合う、合わない」
「サウンドする」、「面白そう」・・・な、
その人ならではの「サウンド感覚」も身に付きそうです。


かなり欲張りな、基礎練習ですよね。

とても、追いつきませんが
トッププレイヤーは上に行けば行くほど、
こうした鍛錬に「欲張り!」のようです。

たくさんの教材がある中でも、
このブログの記事で述べたポイントを踏まえない基礎は、応用が利きにくく、
オリジナリティなアプローチを開花するのは、はなはだ困難といえるでしょう!


日々の練習で出来ることって、とても微々たることで、
気が遠くなることがありますが、
着実な成果を上げることのできる練習方法でもあります。

「ジャズ理論偏重」による、「ジャズ音痴」な音感になっている・・・!
「簡単なトライアド分散が聴き取れない・・・」
と、感じられている方の軌道修正にも、オススメの練習法です。

こうした「音楽の基礎」、一番大事な、シンプルな考え方を最初に知っていたら・・・
という内容です。


posted by happy_kin at 09:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: