2018年12月15日

テナーサックス吹きにとって、コード・スケールの習得が大変な理由! in札幌

ピアノの人って、鍵盤が見える。
だから、視覚情報からも、次に弾く音を検知したり、予測したりすることが可能です。

ギターやエレキベースの場合は、転調したりする場合に、
フレットをずらすだけで、できてしまいます。


しかし、テナー吹きの場合、
運指の形を脳が指令する!
ある音程の音を指の形でイメージする!

・・・
などの、脳内音感イメージと目に見えない指先とをリンクさせる能力、
空間記憶のような能力が必要になります。


なので、前回記事にした、
サックス吹き用の「コード一覧表」のようなアプローチは、
テナー吹きにとっては、最も基礎的な必須課題となるハズです。

ある市販のパターン集のみでは、限定された音の配列のみしか示されていない場合が圧倒的です。


ピアノやギターでも、
曲集の巻末の「コード一覧表」のものを律儀に採用しているプレイヤーは、
初心者か、楽曲構成上の必要に迫られた箇所のみであるに違いありません。

多くの場合は、さまざまな名プレイヤーたちのアイディアからなる、
カッコいい、ヴォイッシングが臨機応変に使われているはずです。



それに対抗して、ピアノ弾きや、ギターリストたちのコード理解の領域に到達するためには、
「数をこなす」中で、習得・マスターしていくしかないうようです。

目をつぶっても、出来る!
くらいにです。


器用な人は、コードサウンドや、ベース音の中から、サウンドする音をチョイスする能力にたけていたりしますが、
サックス人生・音楽人生は長いものです。

それだけでは、いつか、
湧き立つアイディアの源泉も枯渇するようなときは、誰にも来るようです。

そこから、「1から、やり直す」ような鍛錬は、年齢的にいっても容易ではありません。
(でも、やる価値はありそうです)


「将棋」でいえば、
スケール・コード分散などの、パターンの練習は、「定跡」を覚え、マスターすることに通じると思います。

テナー吹きにとっての「指運」も高まります。

そして「音楽の構成」を踏まえた「ケーデンス」を、つねに念頭に置くことで、
日々「詰将棋」を解くことに該当する!鍛錬となることでしょう。



ギターリストなどが、フレットをずらすだけで出来る転調・・・、
12Keyのマスターも、その分の倍数の時間が必要になります。

わたしも、最初は、いちいち、五線紙に転調して書き換える・・・などの作業をしていましたが、
「数字譜」のアイディアを思いついてからは、
各音符やコードのところに、フリガナのようにして、数字をふるだけで簡単に対応できるようになりました。

AsTimeGoesBy.PNG

When I Fallin Love

when I Fall in Love.PNG


この、テナー吹き(リード奏者)用の「数字譜」の考え方ですが、

ex012.png

上の図で説明した定義になります。



音楽を数値化する・・・というのは、
音楽用ソフトなどのプログラミングでは、すでに常識化されているようです。

-------------------------------------------

以下は、ご興味のある方の、参考資料として

ペンタトニック・・・「5」= 128×5の配列パターンあり。
ダイアトニック・・・「7」= 1オクターブの8つの音でくくると40320×7の配列パターンがある。

オーギュメント(aug)・・・「3」
ディミニッシュ(dim)・・・「4」(3和音だと6つ出来る)

---------------------------------------------

作成時の資料や、3和音分散の資料作成ノートでも使用したものです。
musescore用ファイル)も、よかったら、ご活用ください。
フリーの楽譜作成用ソフトです。
練習のお伴にも大活躍してくれる、ありがたいソフトです。




posted by happy_kin at 12:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: